デジタルプレス

学習参考書の制作事例紹介

中学生向け数学教材

数式の組版は、分数や行列、微分積分などに加え、上付き/下付き、文字間アキの微調整が必要で、非常に手間がかかります。通常は、InDesignの数式プラグインMathMagicやLaTexなどで効率化を図るのですが、特殊な環境で制作すると、10年サイクルで流用を繰り返す学習参考書テキストでは、将来の互換性が心配。なるべくなら、InDesignだけで組版を完結したいものです。デジタルプレスでは、手間のかかるInDesignのみの数式組版を、たくさんの中国人スタッフを投入することで、短納期で低価格を実現しています。

 

※実在する教材ではありません。あくまでもサンプルです。

価格例

※現在準備中です。2020年12月頃、公開予定です。